安らぎと暮らしやすい
清水町をめざして
松下 なおみ

人と人とのつながりを大切に、皆が笑顔で暮らせる街へ

ホーム | 活動記録・お知らせ | 令和元年第2回清水町議会定例会議案件

活動記録・お知らせ

活動記録・お知らせ

令和元年第2回清水町議会定例会議案件。

2019.06.23 お知らせ:松下なおみ後援会
*画像は清水町議会事務局より


令和元年第2回清水町議会定例会では、2019年度一般会計補正予算案(8億8800万円)などを含む6議案を原案通り可決しました。各議案について、一部をご紹介いたします。
 

第1 議案第26号 清水町森林環境譲与税基金条例について

議決の結果:原案可決(令和元年6月20日)
森林環境譲与税の創設に伴い、清水町森林環境譲与税基金を設置するため、地方自治法第241条第8項の規定に基づき、本条例を制定するものである。
*森林環境譲与税とは?
林業採算性の悪化、担い手不足などで手入れが行き届いていない森林が顕在化していることから、森林整備を進めるため、国民一人一 人が等しく負担し森林を支える仕組みとして創設。
林野庁・森林環境譲与税基金について
 


 

第2 議案第27号 清水町スポーツ推進審議会に関する条例について

議決の結果:原案可決(令和元年6月20日)
スポーツ基本法(平成23年法律第78号)第31条の規定に基づき、本町におけるスポーツを推進するため、本条例を制定するものである。審議会は、8人以内の委員で組織し、委員及び臨時委員は、非常勤とする。(任期は2年)
*スポーツ基本法第31条とは?
この法律は、スポーツに関し、基本理念を定め、並びに国及び地方公共団体の責務並びにスポーツ団体の努力等を明らかにするとともに、スポーツに関する施策の基本となる事項を定めることにより、スポーツに関する施策を総合的かつ計画的に推進し、もって国民の心身の健全な発達、明るく豊かな国民生活の形成、活力ある社会の実現及び国際社会の調和ある発展に寄与することを目的とする。
文部科学省・スポーツ基本法(条文)
 


 

第3 議案第28号 清水町介護保険条例の一部を改正する条例について

議決の結果:原案可決(令和元年6月20日)
介護保険法施行令及び介護保険の国庫負担金の算定等に関する政令の一部を改正する政令に基づき、本条例の一部を改正するものである。
清水町介護保険条例(平成12年条例第15号)の一部を次のように改正する。
第2条第1項中「平成32年度」を「令和2年度」に改め、同条第2項中「平成30年度から平成32年度まで」を「令和元年度及び令和2年度」に改め、「の各年度」を削り、「26,400円」を「22,000円」に改める。
*介護保険法施行令及び介護保険の国庫負担金の算定等に関する政令の一部を改正する政令とは?
介護保険法施行令及び介護保険の国庫負担金の算定等に関する政令の一部を改正する政令の施行に伴い、所得の少ない者に対する保険料軽減の強化に関する所要の改正を行う。今般の低所得者の保険料軽減強化については、10月以降の消費税率引上げによる財源の手当であることを反映し、2020年度以降の完全実施時における軽減幅の半分の水準に設定している。
厚生労働省・介護保険法施行令及び介護保険の国庫負担金の算定等に関する政令の一部を改正する政令等の施行について
清水町介護保険条例
 


 

第4 議案第29号 令和元年度清水町一般会計補正予算(第1回)について

議決の結果:原案可決(令和元年6月20日)
令和元年度清水町の一般会計補正予算(第1回)は、次に定めるところによる。(歳入歳出予算の補正)歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ 888,704千円を追加し、歳入歳出予算の総額歳入歳出それぞれ 11,107,704千円とする。
一般会計補正予算では、下記の事業等(一部抜粋)が追加されました。(金額単位は千円)
 

一般会計補正予算 金額 詳細説明
●令和元年度第5次清水町総合計画策定支援業務*1

6,000

 令和3年度〜10年間の町の将来の進むべき方向を定める計画
●令和元年度立地適正化計画策定業務*1 4,500 市街化区域の都市計画
●公用車購入費 1,082  
●グループウェア構築業務等 22,700 グループウェア構築業務等委託料
●スマートフォン版町ホームページ作成業務 594 現状は町サイトの閲覧は45%がスマートフォン
●旧柿田防災倉庫解体工事費等 4,530 旧柿田防災倉庫解体工事費・設計管理委託料
●庁舎維持管理補修工事費等 17,300 庁舎維持管理補修、庁舎機械設備等更新工事費
●非常勤職員報酬 264 (仮称)清水町みらい会議委員報酬(10人分4回)
●第5次清水町総合計画策定支援業務 6,500 アンケート調査、ワークショップなど情報収集業務委託料
●定住促進事業補助金 13,000  町内への定住を希望して住宅を取得する子育て世帯に対し助成金
●海外姉妹都市訪問業務委託料 2,847 海外姉妹都市訪問業務
●清水町国際交流等補助金 3,320 清水町国際交流協会、地域コミュニティ事業費補助金
●プレミアム付商品券販売等業務*2 29,000 2019年10月~2020年2月まで
●清水小学校放課後児童教室新築工事費 50,000 来年度から定員76人から100人
●予防接種業務委託料*3 7,900 高齢者肺炎球菌予防接種・風疹追加対策
●太陽光発電設備等設置費 3,000 太陽光発電設備補助金
●大平徳倉排水機場改修県営事業 6,459 大平徳倉排水機場改修県営事業負担金
●町内樹木剪定業務 500 樹木剪定委託料
●中小企業支援事業 4,500 中小企業補助金
●まちの魅力発信業務*4 3,200 ジオパーク等情報発信
●伊豆半島ジオパーク案内所整備事業 500 わくら柿田川に設置負担金
●香貫大橋管理費 45,000 香貫大橋管理費負担金
●町道新設改良工事費等 75,457  
●道路用地取得費 20,443  
●交通安全施設工事費 78,818  
●交通安全施設用地取得費 6,952  
●空家対策計画策定支援業務 2,000  空家等対策の推進に関する特別措置
●柿田川公園トイレ改築工事管理等 3,700  
●丸池連絡橋整備工事測量設計等 14,100 丸池の南側に連絡橋を設置する工事を来年度予定
●児童遊園地改修工事費 8,000  
●柿田川公園トイレ改築工事費 44,000  
●西間門新谷線整備県営事業 31,059 西間門新谷線整備県営事業負担金
●外原住宅改修工事費等 52,000 屋根、外壁の改修
●消火栓設置 1,400  
●補助金 5,868 木造住宅耐震補強・ブロック塀耐震・木造住宅建替助成
●臨時職員賃金 3,426  
●校務支援システム導入業務 5,322 新図書館運営準備・学校図書館連携・適応指導教室開設準備
●育英奨学金 230  
●清水小学校屋内運動場改修工事費 25,400 雨漏り修理等
●南中学校屋内運動場改修工事設計 2,300 外壁の補修等
●南中学校給食棟改修工事費 4,800 雨漏り修理
●北幼稚園軒先パネル改修工事費  5,730  
●南幼稚園駐車場整備工事費  1,870  中徳倉区民会館跡地50台
●非常勤職員報酬 54 図書館運営委員報酬
●図書等購入費 20,000 1万冊購入
●蔵書管理用ICタグ導入業務 1,800 蔵書管理用ICタグ業務等委託料
●複合施設用備品購入費 68,100 書架、調理台(ガスコンロ)、調理器具等
●総合運動公園内ジョギングコース改修工事費 50,000 弾力性アスファルト

●給食設備備品購入費

4,644

南小学校生ごみ処理機

*1.債務負担行為補正
*2.住民税非課税の臨時福祉給付金対象者約4,000人と平成28年4月2日以降の子どものいる世帯1,000人ほど。購入額は、4,000円で5,000円券を5回分買える
*3.高齢者肺炎球菌予防接種5年間延長措置・風疹追加対策昭和47年4月2日~54年4月1日生まれの約1,800人が対象
*4.ジオパーク(柿田川)の情報を動画配信、イベントの開催等・ドリーム観光バスにゆうすいくんのラッピング
 


 

第5 議案第30号 令和元年度清水町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1回)について

議決の結果:原案可決(令和元年6月20日)
令和元年度清水町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1回)は、次に定めるところによる。(歳入歳出予算の補正)
第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5,328千円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2,918,621千円とする。
 


 

第6 議案第31号 令和元年度清水町介護保険事業特別会計補正予算(第1回)について

議決の結果:原案可決(令和元年6月20日)
令和元年度清水町介護保険事業特別会計補正予算(第1回)は、次に定めるところによる。(歳入歳出予算の補正)
第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ756千円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2,286,803千円とする。
  


 

議案第25号 清水町監査委員の選任について

議決の結果:同意(令和元年6月3日)
下記の者を清水町監査委員に選任したいので、地方自治法第196条第1項の規定に基づき、議会の同意を求める。
住所:清水町新宿7番地の1 氏名:石垣雅雄 生年月日:昭和23年1月13日
現清水町議会議員・前清水町議会議長
*監査委員とは?
監査委員は、地方公共団体の財務に関する事務の執行、経営に関する事業の管理や行政事務全般が、法令などに従って適正に行われているかどうか、合理的効率的に行われているかどうか、さらに不正がないかといった観点から独立した立場で監査を行うために地方自治法の規定により設置される執行機関です。(地方自治法第195条、第199条第3項)
*監査委員制度とは?
監査委員は、地方自治法(昭和22年制定)の制定により町長から独立した立場で監査するために設置された執行機関での一つで「行政委員会の一種」です。地方公共団体が自主的に行政の公正と能率を確保することを目的に設けられた制度で、必ず設置することとされています。
地方公共団体は、住民の信託により、その税金をもとに「住民福祉の増進」を究極の目的として運営しています。その行財政のあり方について、さまざまな角度から調査確認を行う「チェック機能」を発揮し、住民サービスの維持や向上に努めることが、自治体監査制度の使命となっています。
総務省・現行の監査制度について
  


 

諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

議決の結果:同意(令和元年6月3日)
下記の者を人権擁護委員に推薦したいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき、議会の同意を求める。
住所:清水町新宿156番地の1 氏名:秋山京子 生年月日:昭和26年4月15日
平成13年より人権擁護委員を努めていただいており、現在6期目です。
*人権擁護委員とは?
人権擁護委員は基本的人権の擁護などを目的として町民の皆さまの相談に応じる「町の相談パートナー」です。困ったことがありましたらお気軽にご相談ください。
毎月10日、役場で人権相談を行っています。( 10日が土・日曜日、祝休日の場合は前後に変更)
法務省・人権擁護委員について
 
町民の皆さん、町にお勤めの皆さん何か気になることがあったら気軽にお声を掛けてください。
メールでも、ご意見・メッセージを受付けています。 ご意見・メッセージ
 
 

令和元年第2回清水町議会定例会では、2019年度一般会計補正予算案(8億8800万円)などを含む6議案を原案通り可決しました。各議案について、一部をご紹介いたします。
 
第1 議案第26号 清水町森林環境譲与税基金条例について
議決の結果:原案可決(令和元年6月20日)
森林環境譲与税の創設に伴い、清水町森林環境譲与税基金を設置するため、地方自治法第241条第8項の規定に基づき、本条例を制定するものである。
*森林環境譲与税とは?
林業採算性の悪化、担い手不足などで手入れが行き届いていない森林が顕在化していることから、森林整備を進めるため、国民一人一 人が等しく負担し森林を支える仕組みとして創設。
林野庁・森林環境譲与税基金について
 


 
第2 議案第27号 清水町スポーツ推進審議会に関する条例について
議決の結果:原案可決(令和元年6月20日)
スポーツ基本法(平成23年法律第78号)第31条の規定に基づき、本町におけるスポーツを推進するため、本条例を制定するものである。審議会は、8人以内の委員で組織し、委員及び臨時委員は、非常勤とする。(任期は2年)
*スポーツ基本法第31条とは?
この法律は、スポーツに関し、基本理念を定め、並びに国及び地方公共団体の責務並びにスポーツ団体の努力等を明らかにするとともに、スポーツに関する施策の基本となる事項を定めることにより、スポーツに関する施策を総合的かつ計画的に推進し、もって国民の心身の健全な発達、明るく豊かな国民生活の形成、活力ある社会の実現及び国際社会の調和ある発展に寄与することを目的とする。
文部科学省・スポーツ基本法(条文)
 


 
第3 議案第28号 清水町介護保険条例の一部を改正する条例について
議決の結果:原案可決(令和元年6月20日)
介護保険法施行令及び介護保険の国庫負担金の算定等に関する政令の一部を改正する政令に基づき、本条例の一部を改正するものである。
清水町介護保険条例(平成12年条例第15号)の一部を次のように改正する。
第2条第1項中「平成32年度」を「令和2年度」に改め、同条第2項中「平成30年度から平成32年度まで」を「令和元年度及び令和2年度」に改め、「の各年度」を削り、「26,400円」を「22,000円」に改める。
*介護保険法施行令及び介護保険の国庫負担金の算定等に関する政令の一部を改正する政令とは?
介護保険法施行令及び介護保険の国庫負担金の算定等に関する政令の一部を改正する政令の施行に伴い、所得の少ない者に対する保険料軽減の強化に関する所要の改正を行う。今般の低所得者の保険料軽減強化については、10月以降の消費税率引上げによる財源の手当であることを反映し、2020年度以降の完全実施時における軽減幅の半分の水準に設定している。
厚生労働省・介護保険法施行令及び介護保険の国庫負担金の算定等に関する政令の一部を改正する政令等の施行について
清水町介護保険条例
 


 
第4 議案第29号 令和元年度清水町一般会計補正予算(第1回)について
議決の結果:原案可決(令和元年6月20日)
令和元年度清水町の一般会計補正予算(第1回)は、次に定めるところによる。(歳入歳出予算の補正)歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ 888,704千円を追加し、歳入歳出予算の総額歳入歳出それぞれ 11,107,704千円とする。
一般会計補正予算では、下記の事業等(一部抜粋)が追加されました。(金額単位は千円)

一般会計補正予算
●令和元年度第5次清水町総合計画策定支援業務*1
金額:6,000・令和3年度〜10年間の町の将来の進むべき方向を定める計画
●令和元年度立地適正化計画策定業務*1
金額:4,500・市街化区域の都市計画
●公用車購入費
金額:1,082
●グループウェア構築業務等
金額:22,700・グループウェア構築業務等委託料
●スマートフォン版町ホームページ作成業務
金額:594・現状は町サイトの閲覧は45%がスマートフォン
●旧柿田防災倉庫解体工事費等
金額:4,530・旧柿田防災倉庫解体工事費・設計管理委託料
●庁舎維持管理補修工事費等
金額:17,300・庁舎維持管理補修、庁舎機械設備等更新工事費
●非常勤職員報酬
金額:264・(仮称)清水町みらい会議委員報酬(10人分4回)
●第5次清水町総合計画策定支援業務
金額:6,500・アンケート調査、ワークショップなど情報収集業務委託料
●定住促進事業補助金
金額:13,000・町内への定住を希望して住宅を取得する子育て世帯に対し助成金
●海外姉妹都市訪問業務委託料
金額:2,847・海外姉妹都市訪問業務
●清水町国際交流等補助金
金額:3,320・清水町国際交流協会、地域コミュニティ事業費補助金
●プレミアム付商品券販売等業務*2
金額:29,000・2019年10月~2020年2月まで
●清水小学校放課後児童教室新築工事費
金額:50,000・来年度から定員76人から100人
●予防接種業務委託料*3
金額:7,900・高齢者肺炎球菌予防接種・風疹追加対
●太陽光発電設備等設置費
金額:3,000・太陽光発電設備補助金
●大平徳倉排水機場改修県営事業
金額:6,459・大平徳倉排水機場改修県営事業負担金
●町内樹木剪定業務
金額:500・樹木剪定委託料
●中小企業支援事業
金額:4,500・中小企業補助金
●まちの魅力発信業務*4
金額:3,200・ジオパーク等情報発信
●伊豆半島ジオパーク案内所整備事業
金額:500・わくら柿田川に設置負担金
●香貫大橋管理費
金額:45,000・香貫大橋管理費負担金
●町道新設改良工事費等
金額:75,457
●道路用地取得費
金額:78,818
●交通安全施設工事費
金額:
●交通安全施設用地取得費
金額:6,952
●空家対策計画策定支援業務
金額:2,000・空家等対策の推進に関する特別措置
●柿田川公園トイレ改築工事管理等
金額:3,700
●丸池連絡橋整備工事測量設計等
金額:14,100・丸池の南側に連絡橋を設置する工事を来年度予定
●児童遊園地改修工事費
金額:8,000
●柿田川公園トイレ改築工事費
金額:44,000
●西間門新谷線整備県営事業
金額:31,059・西間門新谷線整備県営事業負担金
●外原住宅改修工事費等
金額:52,000・屋根、外壁の改修
●消火栓設置
金額:1,400
●補助金
金額:5,868・木造住宅耐震補強・ブロック塀耐震・木造住宅建替助成
●臨時職員賃金
金額:3,426
●校務支援システム導入業務
金額:5,322・新図書館運営準備・学校図書館連携・適応指導教室開設準備
●育英奨学金
金額:230
●清水小学校屋内運動場改修工事費
金額:25,400・雨漏り修理等
●南中学校屋内運動場改修工事設計
金額:2,300・外壁の補修等
●南中学校給食棟改修工事費
金額:4,800・雨漏り修理
●北幼稚園軒先パネル改修工事費
金額: 5,730・
●南幼稚園駐車場整備工事費
金額: 1,870・中徳倉区民会館跡地50台
●非常勤職員報酬
金額:54・図書館運営委員報酬
●図書等購入費
金額:20,000・1万冊購入
●蔵書管理用ICタグ導入業務
金額:1,800・蔵書管理用ICタグ業務等委託料
●複合施設用備品購入費
金額:68,100・書架、調理台(ガスコンロ)、調理器具等
●総合運動公園内ジョギングコース改修工事費
金額:50,000・弾力性アスファルト

●給食設備備品購入費
金額:4,644・南小学校生ごみ処理機

*1.債務負担行為補正
*2.住民税非課税の臨時福祉給付金対象者約4,000人と平成28年4月2日以降の子どものいる世帯1,000人ほど。購入額は、4,000円で5,000円券を5回分買える
*3.高齢者肺炎球菌予防接種5年間延長措置・風疹追加対策昭和47年4月2日~54年4月1日生まれの約1,800人が対象
*4.ジオパーク(柿田川)の情報を動画配信、イベントの開催等・ドリーム観光バスにゆうすいくんのラッピング
 


 
第5 議案第30号 令和元年度清水町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1回)について
議決の結果:原案可決(令和元年6月20日)
令和元年度清水町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1回)は、次に定めるところによる。(歳入歳出予算の補正)
第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5,328千円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2,918,621千円とする。
 


 
第6 議案第31号 令和元年度清水町介護保険事業特別会計補正予算(第1回)について
議決の結果:原案可決(令和元年6月20日)
令和元年度清水町介護保険事業特別会計補正予算(第1回)は、次に定めるところによる。(歳入歳出予算の補正)
第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ756千円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2,286,803千円とする。
  


 
議案第25号 清水町監査委員の選任について
議決の結果:同意(令和元年6月3日)
下記の者を清水町監査委員に選任したいので、地方自治法第196条第1項の規定に基づき、議会の同意を求める。
住所:清水町新宿7番地の1
氏名:石垣雅雄
生年月日:昭和23年1月13日
現清水町議会議員・前清水町議会議長
*監査委員とは?
監査委員は、地方公共団体の財務に関する事務の執行、経営に関する事業の管理や行政事務全般が、法令などに従って適正に行われているかどうか、合理的効率的に行われているかどうか、さらに不正がないかといった観点から独立した立場で監査を行うために地方自治法の規定により設置される執行機関です。(地方自治法第195条、第199条第3項)
*監査委員制度とは?
監査委員は、地方自治法(昭和22年制定)の制定により町長から独立した立場で監査するために設置された執行機関での一つで「行政委員会の一種」です。地方公共団体が自主的に行政の公正と能率を確保することを目的に設けられた制度で、必ず設置することとされています。
地方公共団体は、住民の信託により、その税金をもとに「住民福祉の増進」を究極の目的として運営しています。その行財政のあり方について、さまざまな角度から調査確認を行う「チェック機能」を発揮し、住民サービスの維持や向上に努めることが、自治体監査制度の使命となっています。
総務省・現行の監査制度について
  


 
諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
議決の結果:同意(令和元年6月3日)
下記の者を人権擁護委員に推薦したいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき、議会の同意を求める。
住所:清水町新宿156番地の1
氏名:秋山京子
生年月日:昭和26年4月15日
平成13年より人権擁護委員を努めていただいており、現在6期目です。
*人権擁護委員とは?
人権擁護委員は基本的人権の擁護などを目的として町民の皆さまの相談に応じる「町の相談パートナー」です。困ったことがありましたらお気軽にご相談ください。
毎月10日、役場で人権相談を行っています。( 10日が土・日曜日、祝休日の場合は前後に変更)
法務省・人権擁護委員について
 
町民の皆さん、町にお勤めの皆さん何か気になることがあったら気軽にお声を掛けてください。
メールでも、ご意見・メッセージを受付けています。 ご意見・メッセージ
 
 

令和2年度第3回定例会9月1日(火)開会

松下なおみスマートフォンサイト